才能だけで決まらないのがプログラマの魅力

あれば非常に嬉しいですが、実はプログラマに才能はあまり必要ありません。そもそもプログラミングというのは、コンピューター言語を操って仕事をしていくことを指します。コンピューター言語も「言語」なのですから、日本語や英語と同じように慣れれば誰にでも操ることができるものです。

一般的に勘違いされることが多いのですが、プログラミングには才能のあるなしはあまり関係がないのです。それよりは努力のほうがものを言うことが多いです。なので、しっかりと努力ができる人には最高の仕事になる可能性が高いです。頑張れば頑張るほど、言語に精通して、実現できることが増えていくのがプログラマの面白い部分です。

現実世界では実現不可能なことも、コンピューター上でなら再現することができます。クリエイティブ職なので、工夫次第では誰もやったことがない仕事もできるでしょう。自由度は比較的高く、自分の好きな仕事を選んでいけるので、ストレスも溜まりにくいです。

やりがいも強いので、これから大学や専門学校に入るという人はプログラミングが学べる学校を選ぶのもいいでしょう。デスクワークになりますから、外で体を動かして稼ぎたい場合には向いていないかもしれませんが、インドア派の人には最高の選択肢の一つとなります。
時代の最先端をひた走ることができる職種で、世間的なステータスも高いです。IT業界のなかでも一二を争う花形職業で、天才肌よりも努力家のプログラマが業界に長く生き残れるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です